セックス出会いその男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです

つい先日の記事において、「PCMAXでは魅力的に感じたので、直接会うことにしたら犯罪者だった」という女性がいた話を出しましたが、女性が嫌になると思うでしょうが、その男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです。
そうなったのは、「男性が怪しそうで、断る事が怖くなってその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、本当はそれだけの理由ではなく、女性の興味を惹きつけるところもあって一緒に行ってみようと考えたようでした。
前科にも色々なものがありますが、三十センチほどの長さの刃物で自分の親を刺したというものだったのですから、危険だと考えるのが当然かも知れないと普通は考えるのではないかと思いますが、おしゃべりをした感じはそうではなく、女性などへの接し方は問題もなく、悪い事はもうしないだろうと思って、交際しても良いだろうと思ったようです。
その後の関係がどうなったかというと、どこか不審に思える動きも見せていたので、何も言わないまま家を出て、そのまま関係を終わりにしたとその彼女は話してくれたのです。
近くにいるというだけでも圧迫感を感じてしまい、男性と暮らしていた家から、今のうちに離れていこうと急いで出てきたと言っていましたがpcmax 会員登録どうやら一緒にいると恐怖感が強かったという事だけではなかったようで、落ち着いて話し合う事も出来ず、手を出す方が早かったり、乱暴をしようとする感じの態度を頻繁にしていたので、お小遣いなども渡すようになり、頼まれたことは何も断れず、平穏に暮らそうとしていたのです。
筆者「もしや、芸能に関係する中で売れていない人って、サクラでお金を貯めている人が多いんでしょうか?」
E(とある芸人)「そうだと言いますね。サクラの仕事内容って、シフト融通が利くし、我々のような、急にショーの予定が入ったりするような生活の人種にはばっちりなんですよ。不規則な空時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「なかなかできない経験になるよね、女としてやり取りをするのは一苦労だけど自分は男目線だから、自分がかけられたい言葉を向こうに話せばいいわけだし、男側の心理はお見通しだから、男もやすやすと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「反対に、女性のサクラをやっている人はユーザーの心理がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
著者「女の子のサクラより、男性がサクラをやる方が向いているのですか?」
D(とある芸能関係者)「そうです。優秀なのは大体男性です。かといって、僕は女のキャラクターを演じるのが上手じゃないので、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人事務所の一員)「最初から、うそつきがのし上がる世の中ですね…。女性になりきるのが結構大変で…僕たちも苦労してます」
ライター「女の子のキャラクターを作るっていうのも、相当大変なんですね…」
女性役のどうやって作るかの話に花が咲く彼女ら。
その会話の中で、ある発言をきっかけに、自称アーティストであるCさんに関心が集まりました。

関連記事