得意分野以外には疎い人妻が好きな言葉

D(キャバクラ在籍)「ブランドのカバンとか買ってって伝えたら案外プレゼントしてくれますよね。あたしもそうなんだけど、いろんな男の人に同じの注文して1個以外は売る用に分けちゃう」
筆者「うそ?もらったのに売却するんですか?」
D(キャバ嬢をしている)「でもさ、ふつうはそうでしょう?箱にしまったままだと案外場所取るし、高く売らないと、欲しい人に買ってもらった方がバッグだって悲しいだろうし」
国立大に通う十代Eすみませんが、Dさん同様、私もお小遣いに変えますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「人妻出会いサイトを通じて何万円も使い方知りませんでした…私は今まで何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。人妻出会いサイトを使ってきたなかでどういう異性と会ってきましたか?
C「プレゼントをくれる連れて行ってもらってないです。どの相手もパッと見ちょっとないなって感じで、タダマンが目的でした。わたしなんですけど、人妻出会いサイトについてなんですが、まじめな気持ちでメッセージ送ったりしてたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「人妻出会いサイトではどんな出会いを期待しているんですか?
C「一番の理想は、思われそうですけど人妻と出会いたい医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大学に在学中の高学歴の人がいいですね。
E(国立大に在学中)わたしも、国立って今通ってますけど、人妻出会いサイトだって、エリートがまざっています。とはいっても、得意分野以外には疎い。」
人妻出会いサイトの特徴として、オタクを抵抗を感じる女性はなんとなく優勢のようです。
オタクの文化が大分浸透してきたとように思われる日本ですが、まだ単なる個人の好みという市民権を得る段階には薄いようです。
先月取材拒否したのは、まさに、現役でゲリラマーケティングの契約社員をしている五人のフリーター!
駆けつけることができたのは、メンズキャバクラで働いているAさん、貧乏大学生のBさん、売れっ子芸術家のCさん、某タレントプロダクションに所属していたというDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「では始めに、やり出すキッカケからうかがっていきましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバ勤務)「おいらは、女性心理が理解できると思い気がついたら始めていました」
B(普通の大学生)「俺様は、稼がないと意味がないと考えて始めましたね」
C(表現者)「私は、歌手をやってるんですけど、長年やっているのに丸っきり稼げないんですよ。大物になる為には小規模な所からこつこつ下積みするのは不本意ですが、こういう仕事をやって、差し当たってアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(タレント事務所所属)「俺様は、○○って芸能事務所に入って作家を夢に見てがんばってはいるんですが、一度のステージで500円だけしか頂けないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(若手お笑い芸人)「本当のところ、おいらもDさんと近い感じで、コントやって一回僅か数百円の楽しい生活してるんです。先輩が紹介してくださって、ステマのアルバイトを始めることにしました」
驚いたことに、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに未所属という貧相なメンバーでした…、かと言って話を聞き取っていくとどうやら、五人にはサクラによくある悲しいエピソードがあるようでした…。

関連記事