通話出会い

驚くことに前掲載した記事で、「スタービーチでは良さそうだったものの、直接会うことにしたら犯罪者だった」という女性がいた話を出しましたが、女性も驚きはしたものの、その男性と普通に交際を始めることになってしまいました。
本人としては、「男性は格好から普通とは違い、どうして良いか分からないままついて行くしかなかった」と言っていましたが、じっくりと女性に話を聞いたら、彼女としても興味を持つ所がありついて行くことを選んだようなのです。
彼が犯した罪に関しては、そこそこ刃渡りのあるナイフを使って肉親である親を刺したという事だったそうで、危険だと感じてもおかしくないと思う場合もあるでしょうが、それほど変わったところもないようで、女性などへの接し方は問題もなくガラケー出会い悪い人とは思わなくなり、恋人関係に発展していったのです。
その後の関係がどうなったかというと、どこか不審に思える動きも見せていたので、何も話し合いをせずに出て行き、二度と会わなくて済むようにしたと言うことでした。
何か変な行動をした訳でも無いのに落ち着くことが出来ないので、同棲していたにも関わらず、話し合いなどしないまま出来るだけ急いで出ていったということですが、どうやら一緒にいると恐怖感が強かった事も本当のようですが他にも、言えば分かるような問題で、話すより手を出すようになり、凄まじい暴力を振るう感じの態度を頻繁にしていたので、催促されるとすぐにお金もだし、他の頼み事も聞き入れて、しばらくは生活をしていったのです。
筆者「もしかすると、芸能の世界で有名でない人って、サクラで生活費をまかなっている人が沢山いるのでしょうか?」
E(某業界人)「そうだと思います。サクラでお金を手に入れるって、シフト融通が利くし、俺らのような、急にオファーがきたりするような仕事の人種には最高なんですよ。不規則な空時間にできるし、人生経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「変わった経験になるよね、女の子としてやりとりをするのは全く易しいことじゃないけど我々は男だから、自分が言ってほしいことを相手に言えばいい訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、男性も簡単に飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ労働者)「逆に言えるが、女の子でサクラの人はユーザーの心理がわかってないから正直言って下手っすよね」
筆者「女の子のサクラより、男性のサクラの方がより優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「はい、そうですね。優れた結果を出しているのは大体男性です。だけど、僕は女の役を演じるのが苦手なんで、いつも叱られてます…」
E(ある芸人)「言わずとしれて、ほら吹きがのし上がる世界ですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺らも苦労してます」
筆者「女の子のキャラクターを作るっていうのも、かなり大変なんですね…」
女性キャラクターである人の演じ方についての話で盛り上がる彼女ら。
そんな会話の中で、ある発言をきっかけに、アーティストと自称するCさんに関心が集まったのです。

関連記事